2019/05/20

初夏のバンクーバー


最近は初夏の気候が続いていてとても気持ちいいバンクーバーです。
日も長くなって、夜の20:30頃まで明るいので、平日でも仕事の後で家の近所を散歩したりすることもあります。


散歩道で見かける春のお花たち。
私が一番好きな藤。
日本のように藤棚というのはあまりないのですが、(個人のお庭で作っていらっしゃるところはあります)藤の花を見ると日本を思い出しますね。



舞妓さんを想像させる、可憐ながらも色っぽいお花です。


ライラックもたくさん咲いていて、その近くを通るとふわっと甘い匂いがしてうれしくなります。


ライラックの花の形は金木犀ぽくて可愛いですよね。
こちらには金木犀がないのが残念ですが。。


つつじ?シャクナゲ?もたくさん咲いています。


Laburnum (ゴールドチェーンとかキバナフジとかもいいますね)も咲き始めています。


これは何のお花でしょうか?


とても甘い香りがしますよ。
お散歩が楽しい季節になってきましたね!



2019/05/05

春爛漫のバンクーバー


桜はもうほとんどが散ってしまったけど、今年は遅い開花にも関わらず、一気に暖かくなったからか、ソメイヨシノが咲き始めたら次から次へとほかの種類の桜も咲きだしました。

ソメイヨシノは写真を撮ろうと思っても週末がお天気が悪かったりして写真が撮れないままに散ってしまいましたが、八重桜というのかな?
こちらではチャイニーズチェリーブラッサムと言われる濃いピンクの桜は写真沢山取れました。


黄色いボンボリみたいで可愛いんですよね。


日本の八重桜はこのタイプかな?


住宅街にポツンとあるカフェ Marche St, George もたくさんの人が桜を楽しみながらテラスでお茶を楽しんでました。


散って道端に溜まっている花びらも綺麗ですね。


これは珍しいピンクと白の桜。
ブーケみたいで可愛いですね。


これが最後って感じかなぁ


公園の桜の木に誰かが引っ掛けていた鳥の餌籠。


これはなんの花なのかな?
ハナミズキにしては小さいし、何だろう?


アーモンドの花なのかな?


公園も緑が眩しくて、お散歩していても気持ちいいですね。

日本での暴食で増えてしまった体重がいまだに戻らないので、頑張って運動しなくちゃだわ。。。




2019/05/03

雪山へハイキング


先日マウントシーモアへスノーシューイングではなくハイキングに出かけました。

街中には花が咲き始めて日中はジャケットもいらないくらいになってますが、まだまだ山には雪がたくさん残ってましたよ。


ハイキングシューズにスパイクのようなものを付けて、足に防水のカバーを付けて登っていきます。


でも、結構ズボズボとはまるので、かなり歩きにくいです。
下りは滑って降りたほうが楽しくて速いと思うけど、山頂近くになるとかなりの急斜面になるので、お尻で滑る際には上手くコントロール出来ないと、派手に転んじゃって雪だるまのようになっちゃうかも。(笑)


青空と雪山。
雪からの光の反射が半端ないです。


遠くに見えるバンクーバーのダウンタウンのビル群。
その向こうに見える半島はブリティッシュコロンビア大学の敷地です。


反対側はインディアンアーム。
ずっと進んでいくと入江になっています。


こちらは別の日に登ったサイプレスマウンテンからの眺め。
こちらの景色も大好きです。

やっとバンクーバーに住んでて良かった~、と思える季節がやってきましたね!


2019/04/22

日本旅行 '19-6


今回は日本で食べた美味しいもの(の一部)いろいろ~。

北海道は噂に聞いていましたが、美味しいものの宝庫ですね!
パンなども小麦が美味しいのか、ふわふわパンもハードパンも美味しかったです!

これは、泊まったホテルの近くにあった、Coronというパン屋さんのミルクフランス。

他にも道産とうきびのリュスティックというものもあって、それはトウモロコシがパンの半分くらいぎっしりと詰まっていてめっちゃくちゃ美味しかった~。


小樽名物「なると」の鳥半身揚げ。
半身丸ごと揚げてあって、結構なボリュームですが、Kがシェアしたくないというので、私も1人で半身食べました(爆)

美味しかったけど、このランチのために夕食は入らず。
貴重な北海道での夕食を食べれなかったのは心残りでなりません。


札幌と言えば!
六花亭の本店に行って、狂喜乱舞(笑)


マルセイバターサンドアイス!
あのマルセイバターサンドがアイスクリームになった感じで、クッキーはサクサクというかカリカリで、いくらでも食べれそうだったわ~。

隣はサクサクパイという名前のもので、なんと賞味期限3時間!
どちらもお持ち帰りはできないようです。


こちらは「雪こんチーズ」と言われるチーズ味のアイスが挟まったチョコレートクッキーサンド。


人生初のジンギスカン。

私はラムはどちらかというと苦手なのですが、アイスランドで食べたラム同様、北海道のラムも臭みが全くなくて、ラムが苦手な私がまた食べたいと思うほど。

ススキノの駅を降りると町中ジンギスカンのにおいがしてました。(笑)

あと、私たちが訪問したのは、平日の夜11時頃だったのに、なんと1時間待ちでした!!

飲んだ後で立ち寄ったと思われるグループが何組かいて、「道民は締めのラーメンならぬ締めのジンギスカンなの!?」とビックリしました!


京都で泊まったホテルの近くにあった串カツの食べ放題のお店。
食べ放題っていうと、自分で好きなものを勝手に揚げるタイプのお店がいくつかありますが、ここはお任せコースで、1周で32-34本くらいあります。

京都らしく筍とか生麩とかもありましたよ。後は珍しい鰻とか。

2時間何も言わなくても勝手に串カツが出てきて、自分が食べられなくなったらストップをしてお勘定です。

私は1周目の最後のほうに食べた具材をもう一度食べたくて、頑張って2周食べました!(爆)


両親や母方の親戚一同が集まった会食。

特に法事でという訳でもなく、私たち従妹のラインのグループチャットで何気なく「また子供の時のお正月のように両親やみんなで集まりたいね」と言い出して実現したものです!


日本の懐石料理は見た目もお味も素晴らしいですね!
こんなに立派な懐石料理をホテルで食べれるようになるなんて、私達も大人になったわね~。(大人を通り越してオバさんですが。笑)


日本に行くとKが必ず食べたがるトンカツ。


日本はケーキも小振りながらも、甘さ控えめで丁寧に作ってあって、一口づつ大事に味わって堪能しました。

毎回の事ですが、食べたかったものすべては食べられず、それでも食べ過ぎでバンクーバーに帰ってから数日間は口内炎に苦しむのでした。



2019/04/15

日本旅行 '19-5


外人に大人気で、日本人よりも外国人観光客が圧倒的に多いという観光地、長野県にある地獄谷野猿公苑に行ってまいりました。

長野駅から直通のバスがあったのですが、そのバスも平日だというのに、外国人観光客で長蛇の列でした!

危うく乗れなくなるのでは、、、と思いましたが、臨時便なのか、それとももともと朝の便は2本立てなのか、2台同時に来ましたので、問題なく座れました。ほっ。


その名もモンキーパーク駅というところで降りて、5分ほど歩いたところにインフォメーションセンターがありました。

ちなみに、長野駅からのバスはその後、志賀高原のスキー場へ行くようなので、スキー場に向かう途中でモンキーパークに立ち寄る外国人観光客も結構いるらしく、バス停にあるほったて小屋でスキー、スノーボード、スーツケースを預かってくれるようですよ。


さすが、外国人観光客だらけということで、インフォメーションセンターも英語表示がメインでした。


さて、こちらが入り口です。ワクワク。
夏場などはお猿さんが出てこないこともあるらしく、チケットには「猿がいなくても払い戻しは致しません」と書いてありました(笑)

入り口から5分ほど歩くと、人だかりが見えてきました~。


ここが温泉なのですが、この日は気温は5度くらいだったけど、晴れていたので、お猿さんは温泉には浸かっていませんでしたが、温泉の周りに米粒のような餌がまき散らしてあったので、それ目当てで出てきましたよ。


温泉の淵で座っているお猿さんは結構いました。

雪や雨が降っていたら、温泉に入っていたのかもしれませんが、寒くて晴れている日はお湯に入ったら、出た後が寒くなるから入らないんでしょうね。


お湯の温度を確認していたのか、温泉の中を覗き込んでいるお猿さんがいて、落ちちゃいそう・・・と思っていると、、


なんと、他のお猿さんに押されてお湯の中にはまっちゃいました。
すっごく怒っていて、キーキー言いながらその押したお猿さんを追いかけていましたよ(笑)

毛皮がずぶぬれで寒そうだったわ~。


お母さんの背中、、というかお尻にしがみついていた子ザルがとっても可愛かったです。


それにしても、凄い人ですよね。
ここのお猿さんはそんな観光客に目もくれず、気ままに過ごし、また特に人間に危害を与える風でもなかったですよ。

悪名高き大阪の美濃のお猿さんなんかは、襲ってきますからね!
ペットボトルなんか持っていようものなら、それを奪ってちゃんとキャップを開けて飲みますからね!


雪遊びに熱中するお猿さん。


子供の毛繕いをしているお母さん猿。

カナダだと動物園くらいしかお猿さん見れないし、Kも結構ビデオ撮ったり写真撮りまくったりして楽しんでいたようです。