2018/10/14

アイスランド旅行 2


さて、キャンピングカーを借りた後は、これから必要になる生活用品(食器洗いとか、食用品とか)を買いに、まずはレイキャビック空港から程近いところにあるCostcoへ。



じっくりは見て回れなかったのだけど、品ぞろえは北米のそれとあまり変わらなかったかな。

でも、ドラムセットが売ってて、なんか凄いなぁと思ったわ。
バンクーバーだとドラムセットとか買っても、練習する場所がないよね。。


お寿司、すごい新鮮そうでしたよ。

このパックで3000円くらいかな。まぁ、高いといえば高いけど、ガソリンスタンドとかで売ってるハンバーガーが3000円くらいするからね、そう思うとなかなかお得かも。


アイスランドのトラディショナルな屋根が草で覆われてるおうち。
ところどころで見ましたよ。



アイスランドには森とか林とかはあまりなくて、こういう苔で覆われているところが多かったです。


なんかモコモコしてて可愛らしい。


さて、最初に立ち寄ったところは Reykjadalur Valleyというところで、レイキャビック空港から車で1時間チョイだったかな?


丁度、Sheep Round Upという行事が行われているのを見ることができました!

これは、9月になると、春からずっと放牧していた羊を1か所に集めて、それぞれの耳についているタグで元の持ち主のところに返すという行事で、アイスランドのあちこちで見かけられるそうですよ。
羊たちは冬は飼い主のところの小屋でおとなしく冬を過ごすということらしいです。



この行事には旅行者や一般の人も参加して、羊たちを捕まえることができるアクティビティらしいです。楽しそう~。


ですが、私たちはほかにすることがあったので、それには参加せず、そこから45分ほど地熱地帯を軽いトレッキングをしてきました。


小振りの山を1つ超えると、温泉の川が流れていて、自由に入浴することができるんです!


川の温度は結構熱め。
場所によって温度が結構変わるので、下流とかだといいのかな?
私たちはあまり人がいない上流に行ったので、最初は飛び跳ねるくらい熱いところに浸かっちゃいました(笑)


こんな大自然の中で、自然に湧き出ている温泉の川に入るなんて、日本でもあまりないのではないでしょうか?

すごくのんびりとリラックスできますよ~。


温泉からこの日の宿泊地に行く途中に綺麗な半円の虹(しかも2重のダブルレインボー)が!


アイスランドはお天気がコロコロ変わるので、虹もかなりの確率で見れました。



2018/10/13

アイスランド旅行 1


アイスランドはぼんやりといつか行きたいなぁ、と思っていたのですが、去年あたりからアイスランド航空がバンクーバーからの直行便を飛ばすようになって、大々的にシートセールをしたり、広告などを出していたので、いつもバケーションの行先を決めるのはラストミニッツの私たちですが、去年の暮れにはKが「来年はアイスランドに行こう!」って宣言して決めていました。

で、飛行機代もシートセールがでるとすごく安く行けそうだし、今回はスタンバイではなく、コンファームのチケットを購入しよう!って言い合ってました。

それなのに、、、6月あたりにチケット代を見ていたら、アイスランド航空往復で全部込みでC$680くらい(59000円くらい)とすごい安かったのに、「シートセールが出たらもっと安くなるんじゃない?」とか「3か月前に購入ってちょっと先走りすぎない?」とか思って購入せずにいたら、どんどんチケット代が上がってきて、、、C$1200超えとかになり、結局またいつものスタンバイで行くことに・・・。

日本行きとかだとわりと頻繁にシートセールがあるので、早く買うのが得策とは一概に言えないのですが、アイスランド航空に関しては早めに買うべき、と教訓です。

行きはバンクーバーからの直行便が出てないので、エドモントン経由でアイスランド航空に乗ったのですが、アイスランド航空って国を代表するナショナルフラッグキャリアのはずなのですが、一番安いクラスだと預け荷物も有料だし、7時間半の飛行時間でも機内食も出ないんですよね。。。

搭乗の際にカートにお水がおかれており「皆一人一本ずつ持って行ってね~」と言われるのみ。。。飛行中のコーヒーやソフトドリンク等ほかの飲み物は有料です。

これって、LCC?? 仮にもナショナルフラッグキャリアなのに??
7時間半も乗るのに、機内食はおろか、スナックもないって、、、。

ちなみに、帰りはレイキャビックからトロント行きのエアカナダで、たった5時間半の飛行時間でしたが、機内食2回も出ましたよ!

でも、アイスランド航空の機内のエンターテインメントでアイスランドを紹介するビデオが豊富にあり、なかなか情報が入手しにくい東部や北部地方や西フィヨルド地区などの紹介があって、それはそれで為になりました。

さて、前置きが長くなりましたが、アイスランドでは公共の交通機関がかなり限られているので、現地のツアーに参加するか、レンタカーを借りるのが一般的です。

ホテルの数も地方に行くとぐんと減るので、私たちは4人用のキャンピングカー(こちらではモーターホームと呼びます)を借りて、キャンプ場に泊まっていました。


モーターホームにしては小型ですが、2人だとちょうどいいサイズでした。


車内の後方にダブルベッドがあって(お布団はレンタカー会社から借りれます)


ダイニングテーブルとソファがあって。。(これがダブルベッドにもなります)


シンクやガスコンロ(3つ)があり、割とちゃんとした食事が作れますよ。


トイレとシャワーも完備。
アイスランドの観光地にはレイキャビックから程近い観光地を除いては、トイレとかほとんどなかったので、いつでもトイレに行けるっていうのは凄く助かりました。

なんといっても安心感が違う!(笑)

キャンプ場はどこも事前の予約は受け付けていないものの結構スペースがあり、私たちは毎回夜の8時頃に到着してましたが、ほぼ問題ありませんでした。
2箇所ほど、電気が繋げられるポールが私たちで最後というヒヤヒヤしたこともありましたが。。。

電気を必要としないレンタカーでテント泊の人だと、全く問題ないと思いますよ。
ただ、夜は9月の中旬でも3℃とかかなり寒いので、真冬用の寝袋が必要でしょうけどね。

ほとんどのキャンプ場ではシャワーとトイレが完備されており(シャワーは有料のところがほとんどですが)、ちゃんと調理して食事する事がができるような共同スペースがありました。

あ、そうそう結構な割合でWIFIに繋げられるキャンプ場があり、かなり快適にロードトリップできますよ。

ただ、アイスランドはとにかく風が強いので、(ただの強風ではありません!!)、モーターホームだと横倒しになりそうになったことも何度かあるので、風が収まるまで数時間避難したり、モーターホームが故障して替えのモーターホームを持ってきてもらうために半日くらい無駄にしたり(これは私たちの運が悪かった・・・)といろいろと普通のレンタカーに比べて時間がかかることがあるので、モーターホームで旅行する方はかなり慎重に日程に余裕を持たせたほうがいいかもしれませんね。






2018/10/07

最近のバンクーバー


アイスランド旅行記に入る前に最近の秋のバンクーバーの様子を。。


今年は葉が紅葉しだしたのは9月の末頃で、今年の紅葉は早いのかな?と思っていたのですが、その後雨が降ったりして紅葉になりきらないうちに散ってしまっている感じです。



松茸も今年は夏の山火事で松茸ができる木が70%程燃えてしまったとかで、不作のようですし、紅葉も去年に比べるとイマイチで、なんだかこのまま暗くて雨でどんよりの冬に入ってしまうのかと怯えています。


この日は秋晴れで、短いバンクーバーの秋が楽しめたのですけどね。


昔よく散歩していたDeer Lake Parkは紅葉している部分と、まだ青々していて夏の面影を残す部分が共存していましたよ。


皆さん短いバンクーバーの秋を逃すまいと、晴れた日の公園は家族写真を撮る家族でにぎわっていました。


せっかくのサンクスギビングの連休もそのほとんどが雨模様になってしまって残念ですね。
皆さん美味しいターキーでお祝いしているのでしょうか?

Happy Thanksgiving!


2018/10/05

アイスランド行ってきました!


先月の中頃、キャンピングカーを借りてアイスランド1周してきました。

最近は日本でもアイスランド人気があるんですってね?
北米では、ゲームオブスローンズが放映され始めた2010頃からこのドラマがアイスランドで収録されたということで、注目されるようになった気がします。

今はバンクーバーからも直行便が飛んでおり、飛行時間7時間半くらいと日本に行くよりも近いんですよ。
もちろんバンクーバーからは一番近いヨーロッパになりますね。

さて、そんなアイスランドですが、初めて私がアイスランドに興味を持ったのは、かれこれ遡って2000年、アイスランド出身の歌手Bjorkが出演していた、暗くて悲しいミュージカル映画「Dancer in the Dark」がきっかけです。

彼女の演技も素晴らしかったのですが、その劇中のほとんどの曲を彼女が作成していて、その歌と魂を揺さぶるような歌声に魅了され、その頃にわかビョークファンになってました。(笑)

また当時のMTVでよく彼女の曲のプロモーションビデオが流れていて、この映画の前に発表されたアルバムに収められていた曲の1つ、「Joga」っていう曲もよく流れていました。
このミュージックビデオにはコンピューターグラフィックスでアニメーションされたアイスランドが写っていて、「アイスランドって凄い国なんだ!地球そのものって感じ!!」と感銘を受けたんですよね。

それがこのミュージックビデオ


この曲は1997年くらいのものなので、ミュージックビデオの鮮明さもHDではなく荒くて見づらいのですが。。

最近のアイスランド人気は、世界で一番大きな露天温泉であるブルーラグーンを始め、レイキャビックの北欧風な佇まい、多くの滝や氷河湖なんかがすごく注目を浴びてますよね?

でも、今回アイスランドを一周してきて、火星っぽいところや、間欠泉、地熱で地面がグツグツしているところなどを見たりして、「やっぱりアイスランドって地球そのものって感じ!超Bjorkって感じ!!」と思ったのでした。(爆)

海外でのロードトリップは何度もしている私たちですが、キャンピングカーを借りたのは初めてっていうこともあり、今までの旅行の中でもとりわけ印象的な旅になりましたね。

というわけで、これからアイスランド旅行記が長編で続くと思いますので、お付き合いください。




2018/10/03

バンフ小旅行 2


バンフ2日目、この日の夜の便でバンクーバーに戻ることになっていたので、あまり遠出はせずに近場でウロウロすることにしました。


泊まったホテルのあるキャンモアというバンフから車で30分くらいのところは、ミニバンフみたいな感じなのだけど、まだまだのどかなでローカルっぽいところもあり、なかなか気に入りました。


地元の人たちの憩いの場という感じの名もなき湖。(たぶん。。。google mapで見たけど名前がなかった)


日曜日だったので、フリーマーケットぽいのもやってましたよ。


そのあとバンフに移動してバンフの街中を散策。
と言っても、別に買い物をするわけでもないので、滞在時間は30分ほどでしたが。


定番のカスケードガーデンから見たバンフアベニュー。


まだまだ時間があったので、冬はスキー場になるサンシャインビレッジへ。
ゴンドラとリフトで山頂まで上がっていきます。


まぁ、バンフともなると狂暴なグリズリーベアも出るんですね。
ウィスラーあたりだと、おとなしいブラックベアくらいしか見ないですが。


まぁ、こんな山頂にもWIFIが。。
これでSNS中毒の方もいつでもFBやインスタグラムに投稿できますね!(笑)



綿毛のような、不思議なものがたくさん生えていましたよ。


リフトの山頂の降り場から5分ほど歩いていくと。。。


まるでスイスのような絶景が!


山登りもせずにこんな絶景が見られるなんて、さすがバンフはカナダが世界に誇るリゾート地ですね!


湖の近くまで歩いてみました。


これなんかちょっぴりジャスパーのマリー二湖に浮かぶスプリット島ぽいですよね?(え?全然違う??)


夏の時期で観光客が多かったので、あまり野生動物を見かけませんでしたが、サンシャインビレッジからの帰りに山羊を見かけましたよ。


その後で立ち寄ったバーミリオンレイク・・・だったかな?


空港へ向かう途中には菜種の花(なのかな?)が一面を黄色く染めていました。


帰りの飛行機からみた空港のあるリッチモンドの上空。
夜の9時ごろだったと思いますが、夕暮れの空がきれいでした。


バンフも週末旅行でいろいろ見れますね。
飛行機で1時間ちょいなので、また機会があったらサクッと行くのもいいですね。



2018/09/29

バンフ小旅行 1


7月の話になりますが、去年の会社のクリスマスパーティで当てた某ホテルの無料宿泊券を利用するべく、バンフに週末旅行で行ってきました。

朝一番の便に乗って、バンクーバーから1時間15分くらいなので、1時間の時差はあるものの、お昼前にはバンフに到着しました。

宿泊したホテルは正確にはバンフから30分ほどカルガリー寄りのキャンモアというところなんですけどね。


この日はお昼ごろまではお天気も良くて清々しい気候でした。


雄大な山の景色がさすがカナディアンロッキーですね!


キャンモアの街には無料のトランジットがあるようです。


お昼ご飯を食べてからバンフ国立公園へ。
チケットブースはめっちゃ混んでました~。


このトンネルは野生動物が道路に出てこないように、このトンネルの上を動物が渡れるようになっています。


特にどこに行くとも決めてなかったのですが、とりあえずレイクルイーズへ。
このあたりから、雲行きが怪しくなり、霧がかかって小雨が降ってきました。

でもせっかくなので、ちょっとしたハイキングをしてきました。
こちらは見晴らし台から見下ろすレイクルイーズとシャトーレイクルイーズホテル。


晴れていたらもっとすばらしかっただろうなぁ。。


こんな雨のなかでも、レンタルカヌーで湖に出ている観光客も。


レイクルイーズの後はジョンストン・キャニオンへ。


ここでも、ちょっとしたトレイルを滝つぼまで歩いていきます。


雨でぬれているので、石のトレイルは結構滑りましたよ。


氷河の水解けの川の水はお天気が悪くても、きれいなエメラルドグリーンです。


45分くらい歩いたのかな?
滝つぼに到着です。



カナディアンロッキーはさすが世界に誇る観光地だけあって、あちらこちらに大自然の見どころがたくさんありますね。

バンクーバーからだと頑張れば意外と週末旅行でもいろいろと見れますよ~。