2018/12/02

アイスランド旅行 10


アイスランド旅行記の最後はアイスランドの食について書いておこうと思います。


アイスランドは火山と氷の国なので、お野菜はすべて輸入なのかと思っていましたが、実は地熱を利用してハウス栽培が盛んなので、スーパーで野菜を購入した時も、びっくりするほどは高くなかったです。


野菜の他にバラやチューリップのお花などもこれから春先に向けてハウス栽培していくと地元の人に聞きました。


これと言ってアイスランド名物というのは多くないのですが、レストランの食事は他の北欧同様とても高いものの、私がリサーチしたところでは、首都レイキャビックのレストランのお料理はデンマークの影響を受けているような感じで意外にも洗練されている感じでしたよ。

ただ、私たちはキャンピングカーでの移動で基本は自炊だったので、あまりレストランで食べる機会がなく、最終日のレイキャビック観光の時にやっと食べる機会がありました。

まずは、その中でB級グルメとして名をはせている、クリントン元大統領も食べられたというバイヤリンス・ベストゥ(Baejarins Betzu Pylsur)というホットドック屋さんへ。

お店はいつ行っても長蛇の列と聞いていましたが、私たちも20分ほど並びました。


ホットドックは1種類のみ!
トッピングは生の玉ねぎ、フライドオニオン、ソースはちょっと甘いマスタードソースとケチャップです。


屋台なので、食べるのは外です。
この日は晴れてたので良かったけど、雨が降っている日とか悲惨ですよね。。。

小屋の近くにピクニックテーブルが2つと立って食べる用のテーブルが3つぐらいしかないのですが、しょせんホットドックなので回転は速いので、すぐにどこかしらで食べれますよ。

何がそんなに有名なのかわかりませんが、強いて言うならソーセージがラムとのミックスであることとフライドオニオンのトッピングがいい歯ざわりを与えていることくらいかな?

まぁ、時間がないときにサクっと食べれて、しかも物価の高いアイスランドで1つ$4-5なので、お客さんが後を絶たないというのもわかります。

このお店の他にも「アイスランドホットドック」みたいな感じでお店を構えているところもあるのですが、この屋台だけが凄く混んでいて、ほかのお店は空いていましたよ。
味が違うのかな?


このお店のマスタードはスーパーで購入できます。


後、食材という言うことで特筆すべきは、意外と知られていませんが、アイスランドのバターは絶品なのです。

フランスのエシレなどの発酵バターも美味しいですが、アイスランドのバターはすごくフレッシュな感じでミルキーなのです。

コクがあるのに、あっさり。でもとてもミルキーで癖がないんです。
お値段もそれほど高く、カナダ産と同じ値段くらいだったので、買って帰りたかったけど、カナダはバターは持ち込み禁止なのですよねぇ。。

私たちは小さいものを買って滞在中に食べていました。


でも、チーズは持って帰れますよ!
キノコのチーズとか、いろいろ珍しいものが沢山。


あとは、アイスランド版のグリークヨーグルトのようなSKYR。
味も触感もグリークヨーグルトみたいなのですが、厳密に言うとチーズなんですって。クリームチーズの部類にはいるのかな?

最近は北米のスーパーでも「アイスランドスタイル ヨーグルト」と言ってSKYRが売っていて、私も一度買いましたが、それと本場のSKYRを比べると断然アイスランド産のものが美味しいです。

といっても、最初に買った写真のブランドのものが美味しくて、それしか食べてないので、ほかのブランドの事はわかりませんが。。。

このブランドのリンゴと洋ナシ味が特に美味しかったです!
ジャムとかソースとかじゃなくて、本物のリンゴと洋ナシがカットされたものが入っていて、ショリショリした触感が良かったです。


後は、RUGBRAUDと呼ばれる、地熱を利用した蒸しパン。
もともとは熱湯が沸く砂に埋めて焼き上げるライ麦を使った甘い蒸しパンです。

スーパーでも買えますよ。


後は薄くスライスした、もっとライ麦パンぽい見かけのものもあります。

上のものはケーキぽく、下のスライスしたものはもっとパンぽい味と触感です。
これを軽くトーストして、アイスランドバターをつけて食べるとすごーーーく美味しい!


あと、キノコのチーズなんかも買ってきましたよ。
ブルーチーズも、白いチーズの部分が凄くミルキーで、ブルーチーズが苦手な人でも食べやすいんじゃないかな?



あと、北欧の人はみんなLICORICEが大好きですよね。。。
アイスランドもご多忙にもれず。。

LICORICEのチョコレートがけ、とかRICORICE塩とかもあったりして、どんだけ好きなんだ!と思いました。

でもね、北米で手に入るLICORICEのような、癖のあるルートビアーのような味や、もそもそした触感と違って、割と食べやすく悪くはなかったです。

でも、わざわざ買って帰ろうとは思いませんでしたが。



最後の日にやっとレストランに行く機会があったので、その時に食べたシーフードビスク。
ロブスタービスクが食べたかったのに、私の前の人で売り切れになっちゃったらしく。。。

でも、これも凄く濃厚で美味しかったです。
ホイップされたバターが上に載っていたのですが、それほどくどくなくて、写真ではわかりにくいけどシーフードもてんこ盛りに入っていて、これだけでもお腹がいっぱいになりました。


それと、アイスランドに行ったらラムを食べるべし!と色んなところで読んだので、ラムステーキも頼んでみました。

これがね、今までのラムというのを覆すような味と柔らかさで。
ミディアムレアよりももうちょっとレアっぽい感じで来たのですが、全然臭みがなくて、すごくジューシーで柔らかいのです。

まぁ、あれだけ自由に放牧してもらって、グラスフェドの羊さんだからね。

ラムがそれほど得意じゃない私が、また食べたいなぁなんて思うくらいのものなのです。

今回は自炊が多く、主にアジア食を作っていたし(調味料はバンクーバーから持ち込み!)、レストランの食事もとても美味しかったので、食事に関してはストレスはなかったです。

見所も多く、飛行機代も他の地域に比べると比較的安く、ホテル代とかキャンピングカーは高いけど、ゲストハウスを利用するとかキャンプ場でテント泊するとかで自炊すれば、観光地の入場料も掛からないので、意外と安く収まるかもしれませんね。

私たちもまた行きたい!というか、絶対戻ってきます!




2018/11/30

アイスランド旅行 9


アイスランド旅行のフィナーレは、アイスランドと言えば!のBlue Lagoonへ。


ブルーラグーンはもともと地熱発電所の地熱を利用した池くらいの大きさの屋外温水プールなのですが、近年はとても人気があり(高いのに!)、入場するのにも完全予約制で、しかも結構前にチケットを買わないと入れません。

私たちは9月の下旬というハイピークから外れている時期だったけど、2週間前に購入したときはもう18:00以降でないとチケットがなかったです。

しかも、到着の3日程前にチェックしたら、どの時間帯もすべてソールドアウトでしたよ!(驚)


レイキャビックの空港から程近いので、到着した日か帰国する日に立ち寄る方が多いのか、朝から午後の時間が特に人気のようです。


本当に見渡す限りのミルキーブルーのお湯!
ロッカールームは結構混んでいましたが、お風呂自体はとても大きいのでゆったりしてますよ。


お風呂での撮影はOKなのですが、なぜか洋服を着たままで写真を撮るのはダメらしく、「水着に着替えてからにしてください」と言われました。(笑)


私たちは帰国前日の18:00の入場時間に訪問したのですが、結果としてはちょうどいい時間帯でした。

というのも、夕暮れからライトアップくらいのマジックアワーの時間帯だったので、のんびりお湯につかりながら日が暮れていく様子を見ることができてとても良かったです。


この日は晴れていたので、外の空気は寒かったけど、長く浸かるのに丁度いい温度のお湯につかりながら、トワイライトを楽しみました。


写真に撮るのを忘れたのですが、入場料にはシリカ泥パックと1ドリンクが含まれていたので、お湯につかりながらスムージーを飲んだり、パックをしながら遊んでいるとあっという間に2時間くらい経っちゃいますよ。


また、ここの無料のシリカ泥パックが凄くいいです!
マスクバーがお風呂の中にありまして、そこに行くと係の人がオタマで気前よくどばっとくれます。

それを顔やデコルテに塗って乾いたら落とすのですが、洗い流した後は凄くスベスベします。
ここでもお土産屋さんで買えたり、空港でも買えますが、めっちゃ高いです。(小さなチューブが$100くらいだったかな?)


レイキャビックに住むことがあったら、絶対ここで仕事したい!って思いました(笑)
毎日お風呂に入ってパックしまくります!!


夜の様子も素敵ですよね。
建物も北欧らしく、シンプルかつスタイリッシュ。


これは泊まっていたRVパークに隣接していたコテージなのですが、すっごいお洒落!!


次回行くことがあったら泊まりたい~。


さて、最終日はオーロラ数値がActiveになってしかも晴れていたので、オーロラハントに出かけました。

でも、こんなに満月に近いような明るい月が出てたのでどうかなぁと思っていたのですが。。。



出ました!!
これでシャッタースピードは4秒くらいです。

地元の人曰く、すごい強いオーロラが出るときは携帯でも映るらしいですよ。


もっと強く出ていた時もあったのですが、私ったら何を思ったかオーロラにピントを合わせようとしていて、でもオーロラは動くので超ボケボケになってしまい。。。

まともに撮れるようになったときは、結構オーロラの活動が弱まってしまいました。(涙)


私はカナダのイエローナイフでも昔オーロラを見たことがありますが、その時はマイナス30℃くらいで鼻の中も凍るくらいの寒さだったのですよね。しかもオーロラが出るのが夜の11時過ぎから夜中の1時とかだったし。

でも、アイスランドのオーロラは9時くらいから出現し始めるので、気軽にオーロラ鑑賞できていいですよ。

しかも、レイキャビックのダウンタウンから45分くらい車を走らせればオーロラ鑑賞スポットはたくさんあるしね。

私たちが旅行した時はまれにみる最悪な夏と言われ、しかも雨男のKがいるために夜はいつも曇りか雨だったので、オーロラは見れないかも。。と思っていましたが、最後の最後で見ることができて満足です!




2018/11/24

アイスランド旅行 8


冒険がいっぱいだったアイスランドの旅もついに最終地。
この日は首都のレイキャビックを観光しました。


レイキャビックのシンボルである、ハットルグリムス教会(アイスランド語だとHallgrimskirkja)。
40年以上もの年月をかけて1986年に完成したという新しくとても北欧的で斬新なデザイン。
これは、南アイスランドでよく見られる六角形の玄武岩をモチーフとして作られたそう。


アイスランドはもとより、レイキャビックにも高い建物がないので、74.5mとそれほど高くなくても、とても目立ちます。


教会の内部はとてもシンプルです。


十字架や宗教的絵画などはまったく飾られていません。


この北欧デザインの素敵なパイプオルガンで昼間にコンサートが行われるようです。
その時間帯は教会内の観光はできません。

教会内部は無料ですが、塔に上るエレベーターは$10くらいかかります。
(ちなみに階段はないので、歩いて登るというチョイスはありません。笑)


塔の上からの眺め。
四角く、カラフルな街並みの向こうに海が見えます。


こういう建物も北欧っぽいですね。
木々とマッチしていて、お伽の国のようです。


土曜日だったのですが、夏の観光ピークから外れていたからか、それほど人は多くなかったかな。


ここが、街一番の目抜き通りです。


普通のおうちも可愛らしい。


このカラフルさを保つためには結構頻繁にペンキを塗り替えているんだろうなぁ。


この黄色い建物、渡り通路が隣の建物に繋がっているようで、実はつながってないんですよ。(笑)


春先のアイスランドでよく見られるというパフィン(看板の鳥)グッズもたくさん売っていましたよ。


こちらは The Sun Voyagerという名前が付けられた海に繰り出す人をイメージして作られた、レイキャビックで有名な彫刻。


これも、北欧ならではのシンプルなデザインですよね。


こちらはHalpaと呼ばれるコンサートホール!


側面がすべてガラスで作られているという、とてもモダンでゴージャスな建物です。
こちらのカクカクしているのも、やはり南アイスランドの玄武岩をイメージして作られたそうです。


これが、もしもパリとかロンドンとかにあったら、入場するのに大行列とかしそうなのですが、さすがアイスランドは館内は無料で自由に出入りできます。


光が入るとその反射が本当に美しくてうっとりします。


夜にはこのガラスパネルにはめられたライトが色とりどりに変化し、オーロラをイメージしたイルミネーションが見られるのですって!

私たちは予定があったので、夜に見に来ることができませんでしたが、写真をみると、それもとても素敵でしたよ。

レイキャビックのダウンタウンはとてもこじんまりしているので、半日あれば見所はほぼ見て回れますが、今までずっと自然の中に居たので、こういう都会も新鮮に映りました(笑)